シェーンベルクの『「浄められた夜」作品4 オーケストラ版』

シェーンベルク:「浄められた夜」

リヒャルト・デーメルの詩が基になった曲

村上春樹『古くて素敵なクラシック・レコードたち』19曲目は、
シェーンベルクの『「浄められた夜」作品4オーケストラ版』。

1899年に作曲された弦楽六重奏曲だけど、
今回は作曲家自身の編曲による室内オーケストラ版。

弦楽合奏版は1917年に編曲されて、
1943年に更に改訂されている。

作品番号が4だから、
当然初期の曲になる。

曲はリヒャルト・デーメルの詩集『女と世界』に収められてる、
同名の詩『浄夜』を基にしたもの。

これに先立ってシェーンベルクは、
同じ詩集から詩を選んで歌曲もつくっている。

この『浄夜』というタイトルの詩は5連から成っていて、
月夜の森を歩く二人の情景の間に男女の話した内容が挟まれている。

他の男の子供を身籠った女性の告白、
そしてそれを受け入れる男性の言葉。

曲は単一楽章だが、
この詩に対応して5つの部分から構成されている。

4枚のレコード

ここで出てくるオーケストラ版のレコードは、
全部で4枚。

・ヴィクトル・デザルツェンス/ローザンヌ室内管弦楽団
・ディミトリ・ミトロプーロス/ニューヨーク・フィルハーモニック
・ヤッシャ・ホーレンシュタイン/南西ドイツ放送交響楽団
・ズービン・メータ/ロサンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団

ヴィクトル・デザルツェンス (Victor Desarzens)

シェーンベルク:「浄められた夜」

1枚目の指揮はヴィクトル・デザルツェンス、
演奏はローザンヌ室内管弦楽団。

ローザンヌ室内管弦楽団は、
ヴィクトル・デザルツェンスによって設立された楽団。

1942年の設立から1972年まで、
30年間も彼が首席指揮者を務めている。

残念ながら、
音源が見つからず。

ディミトリ・ミトロプーロス(Dimitris Mitropoulos)

シェーンベルク:「浄められた夜」

2枚目はディミトリ・ミトロプーロス指揮、
ニューヨーク・フィルハーモニック の演奏。

ヤッシャ・ホーレンシュタイン (Jascha Horenstein)

シェーンベルク:「浄められた夜」

3枚目はヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮、
南西ドイツ放送交響楽団の演奏。

このレコードのカップリング曲、
同じシェーンベルクの『室内交響曲』のことも触れられているのでこちらも一緒に。

ズービン・メータ(Zubin Mehta)

シェーンベルク:「浄められた夜」

4枚目はズービン・メータ指揮、
ロサンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団 。

関連記事はこちらから!


コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました