モーツァルトの『ピアノ協奏曲第25番 ハ長調 K.503』

mozart-piano-concerto-no-25

モーツァルト-ピアノ協奏曲第24番と続けて聴きたい25番

村上春樹『古くて素敵なクラシック・レコードたち』3曲目は、
モーツァルトの『ピアノ協奏曲第25番 ハ長調 K.503』。

ハ短調の24番を受けたこの25番はハ長調で、
まるで24番の暗闇の中から微かに光が刺すが如く始まる。

つくられたのは1786年、
84年から量産された一連のピアノ協奏曲のある意味最後を飾る作品。

この後は、
26番『戴冠式』と27番だけだ。

構成

第1楽章のカデンツァは、
モーツァルト自身のものは残されていない。

第2、
第3楽章にはカデンツァはない。

ちなみにカデンツァは、
独奏楽器や独唱者がオーケストラの伴奏を伴わずに自由に即興的な演奏・歌唱をする部分のこと。

第1楽章:アレグロ マエストーソ ハ長調 4/4拍子 ソナタ形式
第2楽章:アンダンテ ヘ長調 3/4拍子 ソナタ形式
第2楽章:アレグレット ハ長調 2/4拍子 ロンド形式

4枚のモーツアルトのピアノ協奏曲第25番 1 カール・ゼーマン

carl-seemann-mozart-piano-concerto-no-25

1枚目はカール・ゼーマンのピアノ、
フリッツ・レーマン指揮/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団。

ゼーマンは、
ヴォルフガング・シュナイダーハンとのコンビで知っているくらい。

ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第5番『春』と、
第9番『クロイツェル』の伴奏の人だね。

その伴奏同様に、
自分メインのこの作品もなかなかステキな演奏を繰り広げている。

4枚のモーツアルトのピアノ協奏曲第25番 ダニエル・バレンボイム

daniel-barenboim-mozart-piano-concerto-no-25

2枚目はダニエル・バレンボイムのピアノ、
オットー・クレンペラー指揮/ニュー・ フィルハーモニア管弦楽団。

ピアニストとしてのバレンボイム、
先日来日していたんだね。

本来プログラムがベートーヴェンのソナタ1-4番だったのに、
間違えて30-32番を弾いてしまったらしい。

この日のオーディエンスは、
どう思ったんだろうか?

この日だけなら、
ハプニングに遭遇できてある意味ラッキーと思うかもしれない。

翌日はこのプログラムでそのまま弾いたみたいだけど、
両日行かれた方は同じで残念に思ったんだろうか?

2日続けて聴き比べられる機会があったということだから、
むしろ楽しかったかもしれないしそうでもないかもしれないしまあ人によるだろう。

ちなみにこの方、
ベートーヴェンのピアノソナタ全32曲の録音を今のところ5回残している。

4枚のモーツアルトのピアノ協奏曲第25番 3 フリードリヒ・グルダ

friedrich-gulda-mozart-piano-concerto-no-25

3枚目はピアノがフリードリヒ・グルダ、
クラウディオ・アバト指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団。

1960年代にイェルク・デームスやパウル・バドゥラ=スコダと共に、
『ウィーンの三羽烏』と呼ばれていたグルダ。

この人は、
ジャズ・ピアニストでもあるんだよね。

だからといって、
モーツァルトがジャズっぽくなるわけはないけど。

生前モーツァルトの誕生日に死にたいと宣言をしていた通りに、
本当にモーツァルトの誕生日に自宅で心臓発作によって69歳で亡くなっている。

その前はジャズ・ピアニストに転向しようとして、
自ら死んだというデマを流したりしたこともある。

4枚のモーツアルトのピアノ協奏曲第25番 4 マリア・ベライア

murray-perahia-mozart-piano-concerto-no-25

ピアノと指揮はマリア・ベライア、
イギリス室内管弦楽団。

ホロヴィッツを崇拝していた彼は、
ホロヴィッツ死の前日に彼のピアノを最後に聴いた人物でもある。

右親指のケガで敗血症になって演奏活動を休止したけど、
その間にバッハの研究をして復活後はそれを活かした演奏で評価を得ることになる。

関連記事はこちらから!

コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました