ハイドンの『交響曲第94番「驚愕」』

ハイドン:交響曲第94番「驚愕」

ハイドン:交響曲第94番「驚愕」ト長調 Hob.I:94

村上春樹『古くて素敵なクラシック・レコードたち』16曲目は、
ヨーゼフ・ハイドンの『交響曲第94番「驚愕」ト長調 Hob.I:94』。

ハイドンは100曲以上の交響曲を作曲していて、
この94番はいわゆる第一期『ロンドン交響曲』の中の1曲で1791年の作曲。

ハイドンが楽長として仕えていたエステルハージ家から離れウィーンに移った際に、
自らの演奏会のためにロンドンに招聘したのがヨハン・ペーター・ザロモン。

その時につくった93番から104番までの交響曲の1つで、
別名『ザロモン交響曲』とか『ザロモン・セット』などと呼ばれることもある。

愛称である『驚愕』は、
ハイドンが名付けたのではない。

第二楽章の主題をピアニシモで一通り続けた後、
不意打ちのようなフォルテシモの音に由来しているわけでまあ納得の愛称だね。

誰の何て言う曲か?は覚えていなくても、
この冒頭の部分は多くの人が知っているはずだ。

4枚のレコード+2枚

ここでは、
4枚のレコードが出てくる。

・トマス・ビーチャム/ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団(1951年)
・トマス・ビーチャム/ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団(1957年)
・カルロ・マリア・ジュリーニ/フィルハーモニア管弦楽団
・カール・リヒター/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ただ、
それ以外にも2枚出てくる。

曲の構成

第1楽章 アダージョヴィヴァーチェ アッサイ
    ト長調
    3/4拍子の序奏と6/8拍子のソナタ形式
    (提示部反復指定あり)
第2楽章 アンダンテ
    ハ長調
    2/4拍子
    変奏曲形式
    (主題と4つの変奏)
第3楽章 メヌエットーアレグロ モルト
    ト長調
    3/4拍子
    3部形式
第4楽章 フィナーレ-アレグロ ディ モルト
    ト長調
    2/4拍子
    ロンドソナタ形式

トマス・ビーチャム(Thomas Beecham)1951年盤

ハイドン:交響曲第94番「驚愕」

1枚目はトマス・ビーチャム指揮、
ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団。

1951年にレコーディングされた、
モノラル録音のもの。

トマス・ビーチャム(Thomas Beecham)1957年盤

ハイドン:交響曲第94番「驚愕」

2枚目もトマス・ビーチャム指揮、
ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団。

こちらは1957年にレコーディングされた、
ステレオ録音のもの。

カルロ・マリア・ジュリーニ(Carlo Maria Giulini)

ハイドン:交響曲第94番「驚愕」

3枚目はカルロ・マリア・ジュリーニ指揮、
フィルハーモニア管弦楽団。

カール・リヒター(Karl Richter)

ハイドン:交響曲第94番「驚愕」

4枚目はカール・リヒター指揮、
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団。

オイゲン・ヨッフム(Eugen Jochum)

ジャケットの写真は出てないが、
4枚以外に更に挙げられている2枚のうちの1枚。

指揮はオイゲン・ヨッフム、
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団。

ヨ―ゼフ・クリップス(Josef Krips)

ジャケットの写真は出てないが、
4枚以外に更に挙げられている2枚のうちのもう1枚。

指揮はヨーゼフ・クリップス、
ウィーン・フィルハーモニア管弦楽団。

関連記事はこちらから!

コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました