ブラームスの『バラード集』と『2つのラプソディ』

グレン・クルードーブラームス;10のピアノのための間奏曲

古くて素敵なクラシック・レコードたち

村上春樹氏の新刊が、
2021/6/24に出版されたね。

タイトルは、
『古くて素敵なクラシック・レコードたち』だ。

音楽エッセイで小説ではないので、
いつものようには話題にはならないのかもしれない。

村上春樹氏の作品が好きな人が、
誰しもクラシックを好きなわけではないだろうし聴くわけでもないだろう。

内容は、
というとこんな感じ。

こよなく愛するクラシック音楽をLPレコードで楽しんでいる村上春樹さん。百曲以上の名曲を論じながら、作家の音楽観が披露される。

―文藝春秋BOOKSホームページ

ジャズだけではなくクラシックにも造詣が深いことは、
小澤征爾氏との対談集『小澤征爾さんと、音楽について話をする』でもわかっていたがこんなのまで出すのね。

100曲以上500枚近いレコード

この本で取り上げている曲は100曲とちょっとで、
聴き比べをしているから全部で486枚のLPが出てくる。

これはもう本格的なクラシック評論本といって良いだろうし、
村上氏のことだからそれなりにマニアックなものになっているのではないかな?

読者も選ぶだろうが、
読者を選ぶ作品なんだろう。

ボクはクラシックが音楽の入口だったこともあって、
この本はなかなか楽しみである。

表紙の9枚のレコード・ジャケット

それで表紙には、
9枚のレコード・ジャケットの写真が載っている。

どんな9枚なのか?
をちょっと追ってみよう。

Brahms – 10 Intermezzi For Piano

まず目を惹くのは、
やはり1番上の真ん中のグレン・グールドの写真かな。

このアルバム、
以前に『中国行きのスロウボート』の中の『シドニーのグリーン・ストリート』で既に出てきている。

若干28歳のグールドが1960年にレコーディングした、
ブラームス晩年の作品から間奏曲ばかりを集めた『10 Intermezzi For Piano』。

A1 Intermezzo In E-Flat Major, Op. 117, No. 1
A2 Intermezzo In B-Flat Minor, Op. 117, No. 2
A3 Intermezzo In C-Sharp Minor, Op. 117, No. 3
A4 Intermezzo In E-Flat Minor, Op. 118, No. 6
B1 Intermezzo In E Major, Op. 116, No. 4
B2 Intermezzo In A Minor, Op. 76, No. 7
B3 Intermezzo In A Major, Op. 76, No. 6
B4 Intermezzo In B Minor, Op. 119, No. 1
B5 Intermezzo In A Minor, Op. 118, No. 1
B6 Intermezzo In A Major, Op. 118, No. 2

関連記事はこちらから!

コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました