ブラームスの『間奏曲集 作品116,117,118,119』

ブラームス:間奏曲集 作品116,117,118,119

7つの幻想/3つの間奏曲/ピアノのための6つの小品/4つの小品

村上春樹『古くて素敵なクラシック・レコードたち』17曲目は、
ブラームスの『間奏曲集 作品116,117,118,119』。

これらの曲は、
ブラームスが亡くなる5年ほど前に立て続けにつくられた作品。

どれも素晴らしい曲だが、
そう感じるようになったのは年齢を重ねた証拠かもしれない。

さて、
作品116は『7つの幻想曲』。

第1曲 カプリッチョ
   ニ短調
   プレスト・エネルジコ
第2曲 間奏曲
   イ短調
   アンダンテ-ノン・トロッポ・プレスト-アンダンテ
第3曲 カプリッチョ
   ト短調
   アレグロ・パッショナート-ウン・ポコ・メノ・アレグロ-アレグロ・パッショナート
第4曲 間奏曲
   ホ長調アダージョ
第5曲 間奏曲
   ホ短調
   アンダンテ・コン・グラツィア・エド・インティミッシモ・センティメント
第6曲 間奏曲
   ホ長調
   アンダンテ・テネラメンテ
第7曲 カプリッチョ
   ニ短調
   アレグロ・アジタート

作品117は、
『3つの間奏曲』。

第1曲 間奏曲
   変ホ長調
   アンダンテ・モデラート
第2曲 間奏曲
   変ロ短調
   アンダンテ・ノン・トロッポ・エ・コン・モルタ・エスプレッシオーネ
第3曲 間奏曲
   嬰ハ短調
   アンダンテ・コン・モート

作品118は、
『ピアノのための6つの小品』。

第1曲 間奏曲
   イ短調
   アレグロ・ノン・アッサイ、マ・モルト・アパッショナート
第2曲 間奏曲
   イ長調
   アンダンテ・テネラメンテ
第3曲 バラード
   ト短調
   アレグロ・エネルジコ
第4曲 間奏曲
   ヘ短調
   アレグレット・ウン・ポコ・アジタート
第5曲 ロマンス
   ヘ長調
   アンダンテ
第6曲 間奏曲
   変ホ短調
   アンダンテ、ラルゴ・エ・メスト

作品119は、
『4つの小品』。

第1曲 間奏曲
   ロ短調
   アダージョ
第2曲 間奏曲
   ホ短調
   アンダンティーノ・ウン・ポコ・アジタート
第3曲 間奏曲
   ハ長調
   グラツィオーソ・エ・ジョコーソ

4枚のレコード

ここでは4枚のレコードが出てくる。

・ヴィルヘルム・ケンプ
・グレン・グールド
・ヴァルター・クリーン
・ヴァン・クライバーン

どれが好きか?といえば、
それはもうやはりグールドだな。

ずっと聴いていて、
これがスタンダードになってしまっているからね。

そうなると聴き比べをしても、
結局はコレってなってしまうのだ。

ヴィルヘルム・ケンプ(Wilhelm Kempff)

ブラームス:間奏曲集 作品116,117,118,119

1枚目は、
ヴィルヘルム・ケンプのピアノ。

このレコ―ドには、
作品116から119までの全曲が収録されている。

グレン・グールド(Glenn Gould)

ブラームス:間奏曲集 作品116,117,118,119

2枚目は、
グレン・グールドのピアノ。

ここではグールドが選んで並べた、
10曲の間奏曲が収録されている。

村上春樹『古くて素敵なクラシック・レコードたち』表紙を飾る音楽たち1、
で既に出てきたものだ。

ヴァルター・クリーン(Walter Klien)

ブラームス:間奏曲集 作品116,117,118,119

3枚目は、
ヴァルター・クリーンのピアノ。

ヴァン・クライバーン(Van Cliburn)

ブラームス:間奏曲集 作品116,117,118,119

4枚目は、
ヴァン・クライバーンのピアノ。

作品116~119の19曲の中から、
13曲が選ばれて演奏されている。

関連記事はこちらから!

コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました