村上春樹音楽-イエスタデイ-オブラディ・オブラダ

リバーサイド

オブラディ・オブラダはもうわざわざ聴くことはない

日曜日にはみんなで多摩川べりに行って遊んで、
オブラディ・オブラダ…もちろんそういう人生もぜんぜん悪くないと思うよ。

―村上春樹-イエスタデイ

ここに出てくる『オブラディ・オブラダ…』みたいな人生って、
いったいどんな人生なのかね?

曲として登場しているわけではなさそうだけど、
ビートルズの曲のタイトルであることは違いない。

オブラディ・オブラダ…この能天気な歌はいかにもポールの曲らしいけど、
わざわざ聴くことはまずない。

もちろんビートルズ聴き始めの小学生の頃は、
一緒に唄って楽しんでいたけどもうそんなことはしない。

だからといって嫌いなわけじゃあないし、
流れてくればついつい口ずさんでしまう。

でもわざわざは流さないのだ。

そんなものだ。

Ob-La-Di,Ob-La-Da Life goes on,braはジミー・スコットの口癖

この『Ob-La-Di, Ob-La-Da』という言葉は、
ポールの知り合いのナイジェリア人のコンガ奏者ジミー・スコットがよく口にしていた『Ob-La-Di, Ob-La-Da Life goes on, bra』から流用したものだ。

案の定、
後から金銭を要求されたみたいだけどポールは拒否したらしい。

まあ本当に彼の造語なら、
払ってあげるだけの価値はあると思う。

金額はわからないけど小切手くらいは渡したみたいだけど、
そうなるともっともっととなってしまいがちだ。

その後に彼が事件を起こした時、
法定費用を払ってチャラになったみたいだ。

ちなみにジミー・スコットの演奏したコンガは、
リリース版では聴こえてこない。

その後ずいぶん経ってリリースされた、
『The Beatles’ Anthology 3』の中には収められている。

The Beatles-Ob-La-Di,Ob-La-Da

というわけで、
ビートルズで『Ob-La-Di, Ob-La-Da』。

短編集『女のいない男たち』で流れる他の音たちはこちら!

女のいない男たち
村上春樹 『女のいない男たち』 で流れる音楽たち

コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました