村上春樹音楽-独立器官-マイ・ウェイ

ピアノ

居間のグランド・ピアノで『マイ・ウェイ』を弾き

芳醇なピノ・ノワールのグラスを傾け、居間のグランド・ピアノで『マイ・ウェイ』を弾き、都会の片隅で心地よい情事を楽しみ続けることもできたのだ。

村上春樹-独立器官-P165

オリジナルは『Comme d’habitude』

作詞はポール・アンカ、
作曲はクロード・フランソワとジャック・ルヴォー。

この曲といえばフランク・シナトラなわけだけど、
オリジナルは1967年クロード・フランソワのフランス語の『Comme d’habitude』。

1969年にポール・アンカが新たに全く別の内容の歌詞を書いて、
フランク・シナトラのシングル及び同名のアルバムとしてリリースしたんだね。

パロディ『Life on Mars?』

デヴィッド・ボウイがオリジナルの『Comme d’habitude』に歌詞を付けて、
『Even a Fool Learns to Love』という曲をつくったけどリリースされなかったんだよね。

それでその後にリリースしたのが、
『マイ・ウェイ』のパロディである『Life on Mars?』というエピソードの方が興味深い。

短編集『女のいない男たち』で流れる他の音たちはこちら!

女のいない男たち
村上春樹 『女のいない男たち』 で流れる音楽たち


コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました