村上春樹音楽-木野-エロール・ガーナーの『ムーングロウ』、バディー・デフランコの『言い出しかねて』

ブランディ

『ムーングロウ』/『言い出しかねて』

女は時間をかけてブランデーを三杯飲み、更に何枚かのレコードを聴いた。エロール・ガーナーの『ムーングロウ』、バディー・デフランコの『言い出しかねて』。

―村上春樹-木野-P232

Erroll Garner-Moonglow

エロール・ガーナ―(Erroll Louis Garner)、
1921年6月15日-1977年1月2日。

音符が読めなかった、
左利きのジャズ・ピアニスト。

ここに出てくる『ムーングロウ(Moonglow)』は、
1933年に発表されたジャズ・スタンダード・ナンバー。

ウィル・ハドソンちエディ・デ・ランジ、
アーヴィング・ミルズの三人の共作。

1956年の映画『ピクニック(Picnic)』で、
ハル(ウィリアム・ホールデン)とマッジ(キム・ノヴァック)がダンスを踊るシーンで流れていた。

Buddy DeFranco-I Can’t Get Started

バディー・デフランコ(Buddy DeFranco)、
1923年2月17日 – 2014年12月24日。

スイング期は花形楽器だったクラリネットだけど、
ビ・バップ以降になると一気に廃れてしまった感がある。

でも彼はそんな中でも、
モダンなアプローチを追求し続けた。

『言い出しかねて(I Can’t Get Started)』は、
1936年のジャズ・スタンダード・ナンバー。

ジョージ・ガーシュウィンの兄アイラ・ガーシュウィンの作詞だけど、
曲は弟ではなくヴァーノン・デューク。

短編集『女のいない男たち』で流れる他の音たちはこちら!

女のいない男たち
村上春樹 『女のいない男たち』 で流れる音楽たち

コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました