『僕』のガール・フレンドが大好きだった『サウンド・オブ・ミュージック』

サウンド・オブ・ミュージック

映画のサウンドトラック盤

映画はミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』だった。
…でも僕のガール・フレンドはそのミュージカル映画の音楽が大好きだった。映画のサウンドトラック盤も買って、何度も聴いていた。

村上春樹- 一人称単数- ウィズ・ザ・ビートルズ-p88

映画『サウンド・オブ・ミュージック』は、
1965年公開。

ロバート・ワイズ監督、
ジュリー・アンドリュース主演の作品だ。

アカデミー賞、
作品賞/監督賞/編集賞/音楽賞/録音賞を受賞している。

音楽は、
ロジャース&ハマースタイン。

作曲家リチャード・ロジャースと、
作詞家オスカー・ハマースタイン2世のコンビ。

元々は、
1959年のミュージカル。

1960年にハマースタインが亡くなってしまったから、
このミュージカルが2人の最後の作品になってしまった。

映画音楽

まあどうでも良い話なんだけど、
一時期映画音楽をカセット・テープにあれこれ詰め込んで聴いていた時期がある。

当然カセットなんだから、
かなり昔のことだ。

確か『FM Fan』で調べて、
エア・チェックでその音楽たちを手に入れていたはずだ。

今ではサブスク音楽配信サービスで、
聴きたい曲をすぐに聴くことができる。

便利だけど、
タイミングをはかって録音ボタンを押すのもそれはそれで楽しかった。

曲は映画を観たことがあるものもないもの関係なく、
どちらかというと古い映画のものが多かった気がする。

当時の映画だとしても、
今となってはもうかなり古いわけだけど。

映画音楽と言ってもさまざまなジャンルの音楽あるわけで、
未だに雑食なのはそのせいなのかもしれない。

The Sound Of Music (An Original Soundtrack Recording)

映画『サウンド・オブ・ミュージック』のサントラは、
どれも聴いたことのあるものばかりだ。

世界中で2,000万枚以上を売り上げ、
歴史上最も成功したサウンドトラックアルバムの1つ。

1965年5月1日~1967年7月16日、
ビルボード200チャートに109週間もの間トップ10に入っていたんだからスゴイ。

内容は、
こんな感じ。

A1 Prelude and The Sound of Music
A2 Overture and Preludium (Dixit Dominus)
A3 Morning Hymn and Alleluia
A4 Maria
A5 I Have Confidence
A6 Sixteen Going on Seventeen
A7 My Favorite Things
A8 Climb Ev’ry Mountain

B1 The Lonely Goatherd
B2 The Sound of Music
B3 Do-Re-Mi
B4 Something Good
B5 Processional and Maria(reprise)
B6 Edelweiss
B7 So Long, Farewell
B8 Climb Ev’ry Mountain(reprise)

『一人称単数』関連記事はこちら!


If you think that this blog is good,
Please click the button below.
You can vote for blog ranking.

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

一人称単数
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Murakami Haruki Music—村上春樹音楽

コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました