村上春樹音楽-ウィズ・ザ・ビートルズ-プリーズ・プリーズ・ミー

abbey-road-studios

デビュー・アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』

シングルでヒットした曲は収録せず、新曲だけでLPをこしらえようというビートルズの挑戦精神はそれなりに賞賛されるべきなのだろうが、音楽の瑞々しさという点においては、ほとんど即席で作られた前作のデビュー・アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』の方がむしろまさっているように、僕の耳には聞こえてしまう。

―村上春樹-一人称単数-ウィズ・ザ・ビートルズ-P80

瑞々しさで言ったら、
そりゃあ粗削りで即席的な1stの方が確かにそうなのかもしれないな。

なにしろシングルで既に発表されていた4曲以外の10曲を、
たった1日でレコーディングしたんだからね。

費用対効果で考えたら、
ちょっとすごいものがある。

まあなんにしても初期のアルバムに対して、
『どちらがまさっているか?』という視点はちょっといただけない。

なんだか『僕』VS『ボク』みたいになっているが、
そういうものだ。

The Beatles-Please Please Me

そんなわけで1963年のビートルズの1stアルバム、
モノラル盤とステレオ盤があるけれどステレオ盤で。

ちなみにそれぞれ別の日にリリースされたのは、
この1stが唯一のスタイル。

『一人称単数』関連記事はこちら!

コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました