天井の小さなスピーカーから流れる『ファラオ・サンダーズ』の古い音楽

サックス

ファラオ・サンダーズの古い音楽

天井の小さなスピーカーからはファラオ・サンダーズの古い音楽が流れていた。

―村上春樹-一人称単数- チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ-p61

フリージャズの先駆者オーネット・コールマンが『恐らく世界一のサックスプレイヤーだろう』と賞賛したのが、
1940年生まれのファラオ・サンダーズ。

2020年10月13日には80歳の誕生日を迎え、
バースデイ・コンサートもロサンゼルスで開かれている。

ファラオの古い音楽というのだから、
ここで流れているのは1965年の自身初のリーダー・アルバム『Pharoah’s First(ファラオ)』あたりかもしれない。

Pharoah Sanders – Seven By Seven

この『Pharoah’s First(ファラオ)』には、
たったの2曲しか入っていない。

もちろん1曲が20分以上の長尺の曲なんだけど、
聴き飽きたりはしない。

それでA面が『Seven By Seven』で、
B面が『Bethera』でどちらもファラオ自身のオリジナル。

取り敢えず、
A面の『Seven By Seven』を聴いておこう。

『一人称単数』関連記事はこちら!

If you think that this blog is good,
Please click the button below.
You can vote for blog ranking.

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

一人称単数
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Murakami Haruki Music—村上春樹音楽

コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました