いうなれば『中産階級的な音楽』

夏の日の恋

中産階級的な音楽

彼女が好んで耳を傾けたのはマントヴァーニ楽団とか、パーシー・フェイス楽団とかロジャー・ウィリアムズとか、アンディー・ウィリアムズとか、ナット・キング・コールとか、その手のごく穏やかな、いうなれば中産階級的な音楽だった(そして当時、中産階級的というのは決して差別用語ではなかった)。…

村上春樹- 一人称単数- ウィズ・ザ・ビートルズ-p83

ここに出てくるような中産階級的な音楽、
いわゆるエレベーター音楽だっけ?は正直苦手だ。

ガールフレンドがその手のごく穏やかな音楽が好きだったとしたら、
そもそもその女の子を好きにならないような気もする。

まあナット・キング・コールは、
大丈夫だけど。

Mantovani – The Moulin Rouge Theme

ストリングスを上手く駆使したイージーリスニングの第一人者の一人、
アンヌンツィオ・パオロ・マントヴァーニ。

Roger Williams – Tammy

ロジャー・ウィリアムズ、
といっても神学者じゃあない。

ハリー・トルーマンからジョージ・ブッシュまで、
9人の大統領のために演奏したことから『大統領のピアニスト』と言われている。

Andy Williams – Moon river

1962年-1967年と1969年-1971年に、
音楽バラエティ番組『アンディ・ウィリアムス・ショー』を放映してエミー賞を3度受賞している。

昔紅白歌合戦にも出ていて、
その時に唄ったのが『Moon river』。

Nat King Cole – L-O-V-E

この曲、
映画『スウィング・ガールズ』のエンディングで使われていたな。

『一人称単数』関連記事はこちら!

If you think that this blog is good,
Please click the button below.
You can vote for blog ranking.

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

一人称単数
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Murakami Haruki Music—村上春樹音楽

コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました