しょっちゅう耳にしているとくたびれ退屈する『ブラームスのピアノ作品』

ピアノ

たまに聴くと素晴らしいブラームスのピアノ作品

ブラームスのピアノ作品はたまに聴くと素晴らしいが、しょっちゅう耳にしているとくたびれる。しばしば退屈もする。

村上春樹-一人称単数-謝肉祭(Carnaval)P162

確かに、
くたびれるというのはよくわかる。

ただ、
退屈はしないかな。

ところでブラームスのピアノ作品はいろいろあるけれど、
ソナタとなると3曲だけだ。

しかもこの3曲は、
まだブラームスが19歳から20歳の時につくられている。

シューマンの手助けで作曲家デビューを果たしたブラームスは、
シューマンがライン河へ投身自殺をはかった際は2年間シューマン家に滞在して支えたようだ。

シューマンの妻であるクララの精神的支えにもなったブラームスと、
クララの交流はクララが亡くなるまで続く。

ブラームス – ピアノソナタ第3番 Op.5 ヘ短調

そんなわけで、
ブラームスのピアノソナタ第3番 。

第1楽章 アレグロ・マエストーソ
    ヘ短調 四分の三拍子 ソナタ形式
第2楽章 アンダンテ・エスプレッシーヴォ
    三部形式による 変イ長調 四分の二拍子
第3楽章 アレグロ・エネルジーコ
    スケルツォ ヘ短調
第4楽章 アンダンテ・モルト
    変ロ短調 四分の二拍子
第5楽章 アレグロ・モデラート・マ・ルバート
    ヘ短調 八分の六拍子

ピアノは、
アナトール・ウゴルスキで。

『一人称単数』関連記事はこちら!


If you think that this blog is good,
Please click the button below.
You can vote for blog ranking.

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

一人称単数
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Murakami Haruki Music—村上春樹音楽

コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました