ポールの作った『オール・マイ・ラヴィング』

beatles

とくに出色の出来とは言い難い?

ポールの作った『オール・マイ・ラヴィング』を別にすれば、とくに出色の出来とは言い難い(と僕は思う)。

―村上春樹-一人称単数-ウィズ・ザ・ビートルズ-P80

ウィズ・ザ・ビートルズに入っているオリジナルの中では、
せいぜい『オール・マイ・ラヴィング』くらいしか出色の出来はないというこの意見には賛成しかねる。

人それぞれだからね、
文句を言うつもりは毛頭ない。

ただ賛成しかねるというだけで、
少なくとも『Not A Second Time』も同じくらい良いよという話だ。

ところでこの『オール・マイ・ラヴィング』だけど、
ポールによれば『歌詞を曲よりも先に書いた』最初の曲みたいだ。

概ね評価の高い曲で、
ジョンですら絶賛している。

そのジョンがダコタ・ハウス前で銃撃され搬送先の病院で死亡した際、
タンノイ製のスピーカーから流れていたのはこの曲だったという話がある。

The Beatles – All My Loving

というわけで聴き比べてね、
というわけではないが2曲続けて。

『一人称単数』関連記事はこちら!

If you think that this blog is good,
Please click the button below.
You can vote for blog ranking.

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

一人称単数
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Murakami Haruki Music—村上春樹音楽

コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました