女のいない男たち

女のいない男たち女のいない男たち

 

村上春樹
『女のいない男たち』
で流れる音楽たち

女のいない男たち

村上春樹『女のいない男たち』で流れる音楽たち Play List

村上春樹『女のいない男たち』の音楽まとめ…ロックからクラシックまで様々な音楽が流れている『女のいない男たち』。並べてみるとなかなか面白いし、聴けばなお楽しい。ジャンルはいろいろだけれど出てきた順に聴いても不思議と違和感はあまり感じず聴ける。
女のいない男たち

『ジェファーソン・エアプレイン』なんかが流れてないといい

村上春樹の短編集『女のいない男たち』のタイトル作『女のいない男たち』に登場するのは、ジェファーソン・エアプレイン。エレベーター音楽好きならジェファーソン・エアプレインは無理かな。エレベーター音楽っぽく仕上げたものがあったらどうなんだろうね。
女のいない男たち

『ゴリラズ』とか『ブラック・アンド・ピーズ』

村上春樹の短編集『女のいない男たち』のタイトル作『女のいない男たち』に登場するのは、ゴリラズ/ブラック・アンド・ピーズ。ここではこの2組がカセットではなくてiPodをUSBケーブルでつないで聴いている音楽、として出てくるのはなかなか面白い。
女のいない男たち

ヘンリー・マンシーニの指揮する『ムーン・リヴァー』

村上春樹の短編集『女のいない男たち』のタイトル作『女のいない男たち』に登場するのは、ヘンリー・マンシーニの指揮する『ムーン・リヴァー』。1961年の『Breakfast at Tiffany’s(ティファニーで朝食を)』で流れていた曲だね。
女のいない男たち

彼女を抱きながら聴くパーシー・フェイスの『夏の日の恋』

村上春樹の短編集『女のいない男たち』のタイトル作『女のいない男たち』に登場するのは、パーシー・フェイスの『夏の日の恋』 。映画『A Summer Place(避暑地の出来事)』のテーマ曲で、パーシー・フェイスがカバーして大ヒットした曲だね。
女のいない男たち

彼女はフランシス・レイの『白い恋人たち』にあわせて静かに唇を動かしていた

村上春樹の短編集『女のいない男たち』のタイトル作『女のいない男たち』に登場するのは、フランシス・レイの『白い恋人たち』。あてもなくドライブするのはイヤではないけれど、そのあいだフランシス・レイみたいな曲ばかり流れているのはちょっとごめんだ。
女のいない男たち

『デレク・アンド・ドミノズ』とかオーティス・レディングとかドアーズとか

村上春樹の短編集『女のいない男たち』のタイトル作『女のいない男たち』に登場するのは、デレク・アンド・ドミノズ/オーティス・レディングと/ドアーズ。害のないエレベーターで流れているような音楽に比べたら全然良い趣味だ。まあこれは好みの問題だな。
女のいない男たち

よく『エレベーターの中で流れているような音楽』

村上春樹の短編集『女のいない男たち』のタイトル作『女のいない男たち』に登場するのは、よくエレベーターの中で流れているような音楽—つまりパーシー・フェイスだとか、マントヴァーニだとか、レイモンド・ルフェーブルだとか…。いわゆる無害な音楽たち。
女のいない男たち

『クリフォード・ブラウン』のソロも違うものに聞こえる

村上春樹の短編集『女のいない男たち』のタイトル作『女のいない男たち』に登場するのは『クリフォード・ブラウン』。ジャズ・ミュージシャンにしては珍しく酒やドラッグには一切手を出さず品行方正で誠実な人柄だったらしいが僅か25歳で亡くなってしまう。
女のいない男たち

ベン・ウェブスターの吹く『マイ・ロマンス』の美しいソロ

村上春樹の短編集『女のいない男たち』の『木野』に登場するのは、スウィング期の3大テナー・サックス・プレイヤーの1人、ベン・ウェブスターの吹く『マイ・ロマンス』。この曲は元々1935年のミュージカル『ジャンボ(Jumbo)』の主題歌だったね。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました