一人称単数

一人称単数一人称単数

 

村上春樹
『一人称単数』
で流れる音楽たち

一人称単数

村上春樹音楽-ウィズ・ザ・ビートルズ-中産階級的な音楽

村上春樹短編集『一人称単数』の『ウィズ・ザ・ビートルズ』に出てくるのはアメリカ盤『ミート・ザ・ビートルズ』。ジャケット・デザインは同じ写真が使われているが、こちらの方は青みがかった色になっている。曲もシングル曲が入れられ12曲になっている。
一人称単数

村上春樹音楽-ウィズ・ザ・ビートルズ-ミート・ザ・ビートルズ

村上春樹短編集『一人称単数』の『ウィズ・ザ・ビートルズ』に出てくるのはアメリカ盤『ミート・ザ・ビートルズ』。ジャケット・デザインは同じ写真が使われているが、こちらの方は青みがかった色になっている。曲もシングル曲が入れられ12曲になっている。
一人称単数

村上春樹音楽-ウィズ・ザ・ビートルズ-プリーズ・ミスター・ポストマン/ロール・オーヴァー・ベートーヴェン

村上春樹短編集『一人称単数』の『ウィズ・ザ・ビートルズ』に出てくるのはマーヴェレッツの『プリーズ・ミスター・ポストマン』と、チャック・ベリーの『ロール・オーヴァー・ベートーヴェン』。このカヴァーの出来は見事ということだけどオリジナルも良い。
一人称単数

村上春樹音楽-ウィズ・ザ・ビートルズ-プリーズ・プリーズ・ミー

村上春樹短編集『一人称単数』の『ウィズ・ザ・ビートルズ』に出てくるビートルズの1stアルバム『『プリーズ・プリーズ・ミー』。2ndの『ウィズ・ザ・ビートルズ』よりも瑞々しさという点でまさっているとでてくるけれど、どっちが?視点はいらないな。
一人称単数

村上春樹音楽-ウィズ・ザ・ビートルズ-オール・マイ・ラヴィング

村上春樹短編集『一人称単数』の『ウィズ・ザ・ビートルズ』に出てくるのは、ポールの作った『オール・マイ・ラヴィング』を別にすれば、とくに出色の出来とは言い難い(と僕は思う)という『All My Loving』。この意見にはボクは賛成しかねる。
一人称単数

村上春樹音楽-ウィズ・ザ・ビートルズ-マイルズ・デイヴィス/セロニアス・モンク

村上春樹短編集『一人称単数』の『ウィズ・ザ・ビートルズ』に出てくるのがマイルズ・デイヴィスとセロニアス・モンク。ビートルズのレコードを購入したことのない主人公がジャズ喫茶でリクエストした音楽としてこの2人の名前が挙げられている。曲名はない。
一人称単数

村上春樹音楽-ウィズ・ザ・ビートルズ-ビートルズ五曲のヒットソング

村上春樹音楽 - ウィズ・ザ・ビートルズ。村上春樹短編集『一人称単数』の『ウィズ・ザ・ビートルズ』に出てくるのが、1964年4月4日の全米ヒットチャート『ビルボード誌Hot 100』でなんと1~5位までを独占したビートルズのヒット曲たちだ。
一人称単数

村上春樹音楽-ウィズ・ザ・ビートルズ-ウィズ・ザ・ビートルズ

村上春樹音楽 - ウィズ・ザ・ビートルズ。村上春樹短編集『一人称単数』の『ウィズ・ザ・ビートルズ』に出てくる1963年ビートルズイギリス盤公式オリジナル・アルバム2作目。ハーフシャドウであしらわれた印象的なジャケットはロバート・フリーマン。
一人称単数

村上春樹音楽-チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ-ペリー・コモ・シングズ・ジミ・ヘンドリックス

村上春樹短編集『一人称単数』の中の『チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ』に登場する『ペリー・コモ・シングズ・ジミ・ヘンドリックス』はタイトルのアルバム同様に実在しないアルバム。この冗談は笑える人と意味わからない人に分かれるだろうな。
一人称単数

村上春樹音楽-チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ-ファラオ・サンダーズ

村上春樹短編集『一人称単数』の『チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ』に出てくるのがファラオ・サンダーズ。フリージャズの先駆者オーネット・コールマンが『恐らく世界一のサックスプレイヤーだろう』と賞賛した人だね。『ファラオ』から聴こう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました