村上春樹音楽-羊をめぐる冒険-羊をめぐる冒険

羊をめぐる冒険

専業作家としての最初の作品

さて、
村上春樹3つ目の長編は1982年の『羊をめぐる冒険』。

ここでも表紙は、
佐々木マキ氏。

これと1つ前の『1973年のピンボール』の間に書かれたのが
短編集『中国行きのスロウ・ボート』に収められている作品。

そう『貧乏な叔母さんの話』と『ニューヨーク炭鉱の悲劇』、
そして『カンガルー通信』だ。

なので『カンガルー通信』が副業作家時代の最後の作品で、
この『羊をめぐる冒険』が専業作家になってからの最初の作品になる。

短編集に入っている『午後の最後の芝生』、
それと『土の中の彼女の小さな犬』・『シドニーのグリーン・ストリート』はその後の作品。

専業作家になったことで、
ここから急に作品は拡がりを見せる。

前2作で芥川署候補にはなって結局は受賞しなかったけど、
この作品は第4回野間文芸新人賞を受賞している。

この1回前の第3回受賞作は、
村上龍の『コインロッカーベイビーズ』だ。

この作品は、
レイモンド・チャンドラーの長編小説『長いお別れ』を下敷きにして書いている。

そして『コインロッカーベイビーズ』に触発され、
専業作家となりこれを書き始めたらしい。

始まりの音楽として

ところでジョアン・ハッセルベルク、
2013年のアルバムに『Whatever It Is You’re Seeking Won’t Come In The Form You’re Expecting』というものがある。

これって、
村上春樹『海辺のカフカ』の英訳に出てくる言葉からとったんだろうか?

「でもあえて言うなら、こういうことになるだろうね。そのなにかはたぶん君が求めるときに、求めるかたちではやってこないだろう

村上春樹―海辺のカフカ-第17章(P266)

そして『羊をめぐる冒険』の英訳タイトルは『A Wild Sheep Chase』なんだけど
このアルバムにはズバリそのタイトルの曲が収められている。

今回はこの曲を、
始まりの音楽ということで。

『羊をめぐる冒険』で流れる音楽たちはこちら!

コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました